ネットワークを統合し導入・運用負荷を徹底的に削減した
ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)

物理的なネットワークを統合するファブリックインターコネクトによりシンプルな構成を実現します。
さらに40Gbpsの超高速通信に対応できるネットワークポートを実装可能で、煩わしいケーブル配線も最小限に。
運用・管理は、VMware vCenterを使用しサーバ、ストレージ、ネットワークを一元管理できます。

動画でわかるシスコ産 HCI

世界中で大好評のCisco HyperFlex

素早く使えるCisco HyperFlex

性能抜群のCisco HyperFlex

HyperFlexの3つの特長

ストレージ最適化機能

1.ストレージ最適化機能

Cisco独自のソフトウェア機能により、信頼性の高い、高速な処理を実現します。

一元的な管理・運用

2.一元的な管理・運用

外部ストレージやCiscoUCSをファブリックインターコネクトに接続する事で、統合管理が可能です。

高速・大容量ネットワーク

3.高速・大容量ネットワーク

低遅延の40Gbpsネットワークファブリックを搭載。従来の10Gbps よりさらに高速・高信頼のネットワークを実現

1. ストレージ最適化機能

Cisco HyperFlex HX Data Platform は、データを保護する機能や高速処理を実現する機能を提供する事でストレージの利用を最適化します。

データ保護

データの複製・可用性を高める分散管理・高速で効率の良いクローン・スナップショットを利用して安全で信頼性の高いデータ運用を実現します。

効率的なデータ管理

インラインデータ重複排除および圧縮によってストレージのリソースを節約し、余裕を持ったデータ管理が可能です。

データの分散管理

メモリ、フラッシュメモリ(SSDドライブ)、およびハードディスク ドライブ(HDD)上で動的にデータを分散配置し、ストレージ負荷を均等にすることで、パフォーマンスを最適化します。
また、クラスタを拡張した場合も、それに応じてデータ配置を再調整されます。

2.一元的な管理・運用

Cisco HyperFlexは、Vmware vCneter ServerにHyperFlexのプラグインを組み込むことで、HyperFlexの基本的な設定から仮想化環境の設定管理ができます。さらには、ネットワーク機器やiSCSI、FC接続の外付ストレージの運用管理にも対応できます。

例えば、VMware環境のVDIを構築する際は、データプラットフォームから仮想デスクトップ環境までの作業をvCenterで一元化できるため、運用・管理を劇的に効率化します。

3.高速・大容量ネットワーク

Cisco HyperFlexは低遅延の40Gbpsのネットワークを搭載できます。さらに、仮想的なネットワークインターフェースを提供するVirtual Interface Card(VIC) を用意しています。

物理的な高速ネットワークと論理的にネットワークを分割出来るVICの2つの技術により高速且つ大容量のネットワーク環境を提供します。

製品ラインアップ

オールフラッシュモデル

  • オールフラッシュ = キャッシュ・システム・データをSSDで構成
HX220c M5/M4 All Flash HX240c M5/M4 All Flash
M5 HX220c A M5 HX240c A M5
M4 HX220c A M4 HX240c A M4
用途 小規模、高パフォーマンス環境向け
(データベース、VDI、VSI)
高密度、高パフォーマンス環境向け
(データベース、VDI、VSI、テスト/開発)
ノードサイズ 1 RU 2 RU
最大ノード数 3ノード~32ノード
(コンピュートノードとしてDiskレスのUCSを追加することで最大64ノードが可能)
3ノード~32ノード
(コンピュートノードとしてDiskレスのUCSを追加することで最大64ノードが可能)

※製品仕様は2018年11月1日時点のものになります

※M4 モデルは2019/2/14 終息予定

ハイブリッドモデル

  • ハイブリッド = キャッシュ・システムをSSD、データをHDDで構成
HX220c M5/M4 Hybrid HX240c M5/M4 Hybrid
M5 HX220c H M5 HX240c H M5
M4 HX220c H M4 HX240c H M4
用途 小規模環境向け
(VDI、VSI、リモート拠点)
ストレージ容量重視の環境向け
(VDI、VSI、テスト/開発)
ノードサイズ 1 RU
(3ノード~8ノード でクラスタ構成)
2 RU
(3ノード~8ノード でクラスタ構成)
最大ノード数 3ノード~32ノード
(コンピュートノードとしてDiskレスのUCSを追加することで最大64ノードが可能)
3ノード~32ノード
(コンピュートノードとしてDiskレスのUCSを追加することで最大64ノードが可能)

※製品仕様は2018年11月1日時点のものになります

※M4 モデルは2019/2/14 終息予定

Edgeモデル

HX220c Edge M5/M4
M5 HX220c edge M5
M4 HX220c edge M4
用途 リモートおよびブランチ オフィス向け
ノードサイズ 1 RU
(3ノードクラスタ固定(拡張不可))

※製品仕様は2018年11月1日時点のものになります

※M4 モデルは2019/2/14 終息予定

ネットワーク (オールフラッシュモデル/ハイブリットモデル対応)

Cisco UCS 6300 シリーズ
ファブリック インターコネクト
Cisco UCS 6200 シリーズ
ファブリック インターコネクト
Cisco UCS 6400 シリーズ
ファブリック インターコネクト
特長
  • 40Gbps、大容量、低遅延、高信頼のネットワーク
  • ワイヤワンス(Wire Once)モデルにより、配線は簡単でシンプル
  • ネットワークとサーバ システムを統合管理
  • 10Gbps、低遅延、高信頼のネットワーク
  • ワイヤワンス(Wire Once)モデルにより、配線は簡単でシンプル
  • ネットワークとサーバ システムを統合管理
  • 10/25Gbps、大容量、低遅延、高信頼のネットワーク
  • ワイヤワンス(Wire Once)モデルにより、配線は簡単でシンプル
  • ネットワークとサーバ システムを統合管理

※製品仕様は2018年11月1日時点のものになります

※Edgeモデルはファブリックインターコネクト非対応です

導入事例

アズワン株式会社

アズワン株式会社

全社員を対象とした VDI 環境をハイパーコンバージドインフラで増強

「他社の製品は、必ずスイッチの部分は別のメーカーの製品を用いる必要がありました。シスコならすべて一貫しているので、後々まで考えると最も負担が少なくなると感じました。
Cisco UCS ファブリック インターコネクト(FI)が標準で組み合わされていることも、決断の大きなポイントです。今後の増強を踏まえてスイッチの選択をどうするか、多数のサーバを接続するためにスロットが十分足りるか懸念が生じていたので、FI が標準で備わっていることはとても魅力的に映りました。」

長崎県立大学

長崎県立大学

日本初の情報セキュリティ学科で Cisco HyperFlex システムを採用

「実際に稼働している製品を見て、再起動の時間など私たちが求めていた高速性と、必要なパフォーマンスが得られることがわかりました。比較していた他社製品と同様のテストを行った結果で も、最も高いパフォーマンスを発揮したことは大きな採用理由です。 今回のシステムでは CPU のコア数も要件に含めていましたが、Cisco HyperFlex システムは、 CPU、メモリ、ストレージ容量を柔軟に選択できるので、その点でも評価は高かったですね。」

資料

Cisco HyperFlexの情報に関して、メーカーページでもご確認頂けます。

ハイパーコンバージドに関するお問い合わせは

ダイワボウ情報システム株式会社まで!

ダイワボウ情報システムとは

ダイワボウ情報システム(DIS)は、IT関連商品を取り扱う国内最大級のディストリビューターです。
国内外約1,200社に及ぶメーカー・サプライヤーから仕入れたIT関連商品を、国内約19,000社の販売パートナー様を通じて、全国各地のエンドユーザー様へお届けしております。

ハイパーコンバージドに関するご相談・ご要望につきましては、お客様のご要望を確認した上で、最適な販売パートナー様と一緒に対応致します。

お問い合わせはダイワボウ情報システムの各拠点まで!