NEXTインフラソリューションハイパーコンバージドインフラストラクチャ

ハイパーコンバージドインフラストラクチャとは?

一言で言うとシステムの構築や運用管理の手間を大幅に削減する次世代の仮想化基盤です。
『コンバージドインフラストラクチャ』の統合度をさらに高めたものが『ハイパーコンパージドインフラストラクチャ』となり、x86ベースのサーバーにストレージと仮想化機能の集約を実現させたインフラです。
運用管理の負担の大幅軽減・分散ストレージ化によって拡張性に優れているため容易にスケールアウトが実現できます。

設計不要増設時も積み上げていけばOK

ハイパーコンバージド導入によるメリット

図

メリット1. 増設が容易

増設は筐体を買い足すだけ。
それで容量も処理能力も増えます。
この増設の手軽さが魅力です。

図

メリット2. 省スペース

8U~10Uの仮想化構成がわずか2Uに収まります。
1ラック毎の管理費のみならず電気代の削減にもつながります。

メリット3. 容易な管理

従来の仮想化サーバーの管理では「仮想サーバー」・「ストレージ」・「FCスイッチ」の3つの管理が必要でしたが、一つに統合される事で管理が容易になります。
運用管理に割いていたリソースを別の業務にあてる事も可能です。

図

ハイパーコンバージインフラストラクチャ市場予測

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社は、2016年8月に国内コンバージドシステム市場の予測を発表しました。
http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20160810Apr.html

  • 2016年の国内コンバージドシステム市場は、前年比11.0%増、480億6,800万円と予測
  • 2015年~2020年の年間平均成長率10.0%、 2020年の市場規模を698億9,600万円と予測
  • ハイパーコンバージドシステムが市場をけん引

グラフ
※出典:IDC Japanプレスリリース「国内コンバージドシステム市場予測を発表」(2016年8月10日)

PC-Webzine.com >>

PC-Webzine 10月号掲載巻頭特集
旬を迎える『ハイパーコンバージドインフラストラクチャー』
IDCとノークリサーチアナリストの分析をご紹介ししています。ぜひご覧ください。

ハイパーコンバージド製品のご紹介

メーカー cisco dell hpe lenovo
商品名 Cisco HyperFlex HX Virtual SAN Ready Node  VCE VxRail Appliance XC Webスケール コンバージドアプライアンス HPE ConvergedSystem Lenovo Converged System HX Series
基盤ソフト Cisco HyperFlex Software Nutanix
VxRail
HPE Hyper
Converged
Nutanix
  製品資料をダウンロードする 詳細情報を確認 製品資料をダウンロードする 詳細情報を確認 製品資料をダウンロードする 詳細情報を確認 製品資料をダウンロードする 詳細情報を確認

ハイパーコンバージドに関するお問合せはダイワボウ情報システムへ

ダイワボウ情報システムとは

ダイワボウ情報システム(DIS)はIT関連商品を取り扱う国内最大級のディストリビューターです。国内外約1,100社に及ぶメーカー・サプライヤーから仕入れたIT関連商品を、国内約19,000社の販売パートナー様を通じて、全国各地のエンドユーザー様へお届けしております。

ハイパーコンバージドに関するご相談・ご要望につきましては、お客様の要望を確認した上で、最適な販売パートナー様と一緒に対応致します。

ハイパーコンパー時どのお問合わせはこちらから

お問い合わせ

【注意事項】

  1. 1. 弊社は一般消費者及び再販を伴わない企業の皆様への直接販売はいたしておりません。ご了承ください。
  2. 2. 弊社審査の結果により、お取引をお断りする場合がございます。
  3. 3. お問い合わせ内容によっては、まずお電話にて内容確認の連絡をさせて頂く事がありますので、予めご了承ください。