[Software]
ユーザーインターフェースを刷新
「Paragon Hard Disk Manager 16 Professional」パラゴン ソフトウェア

価格(税込):1万2,960円(パッケージ版) https://www.paragon-software.com/jp/

Technology
Usability
Cost-performance

 パラゴン ソフトウェアが提供している「Paragon Hard Disk Manager 16 Professional」は、ハードディスク/SSD管理ツールの最新版だ。Windows 10 Fall Creators Update に対応した。

 PCなどの障害やセキュリティ対策の一環としてデータのバックアップは必須となっている。加えて、SSDの低価格化によって、HDDをSSDに移行するためのクローンの作成なども行われるようになった。同時に、役目を終えたHDDのデータを抹消するニーズも高まっている。そうした一連の作業を一つのソフトで行えるのが、Paragon Hard Disk Manager 16 Professionalである。

 最新版では、ユーザーインターフェースのデザインが一新された。画面上部に表示された「ツール」をクリックすると、「バックアップと復元」「パーティション操作」「データ抹消」「ドライブコピー」という機能ごとに操作がまとめられたビューに切り替わる。その中でたとえば「バックアップと復元」の項目にカーソルを合わせてクリックすると、「バックアップ」「スケジュール」「復元」という項目がさらに表示され、各項目からそれぞれのウィザードが展開して、作業を行える。

 すべての操作を直感的に行えるようにデザインを刷新したというだけあって、確かにやりたいことをすぐに実行に移せるユーザーインターフェースとなっている。

Paragon Hard Disk Manager 16 Professional

バックアップのスケジュールも簡単

 ノートPCのHDDデータを外付けのHDDにバックアップしてみたり、ノートPCのHDDをSSDにクローンコピーしてみたりしたが、いずれも迷うことなく作業できた。バックアップのスケジュール化においても、毎日、毎週、オンデマンド(タスクを手動で開始)などのそれぞれの手法でのバックアップを、クリックしていくだけで設定できる。

 毎日のバックアップでは、初回の親イメージの作成後、六つの子イメージ(増分)が作成される。その際、「サイクルバックアップ」を有効にすると、少なくとも七つのイメージが常に保存されてバックアップごとに古いイメージから削除されていく。毎週のバックアップではフルバックアップだけが作成されて、サイクルバックアップを有効にすると少なくとも三つのイメージが常に保存され、バックアップごとに古いイメージから自動的に削除されていく。

(山崎慎介)

Paragon Hard Disk Manager 16 Professional

▲刷新されたユーザーインターフェース。操作体系別に各ウィザードがまとめられている。

(PC-Webzine2018年3月号掲載記事)

製品リサーチ&レビューの記事