[Software]
ワンクリックでPC業務を快適に
「Parallels Toolbox」パラレルス

価格(税込):2,980円 https://www.parallels.com/jp/

Technology
Usability
Cost-performance

 パラレルスは日々のPC業務を効率化するソフトウェア「Parallels Toolbox」を発売した。mac OSとWindows OSの両方に対応し、Mac版で34種類、Windows版で25種類の業務効率化機能を搭載している。プレゼンテーションモードやメモリー解放、画像サイズの変更など、本製品を活用すればワンクリック動作で可能になる。Mac版はメニューバー、Windows版は通知領域(タスクトレイ)から機能を呼び出せる。

 さまざまな業務効率化機能を搭載しているが、中でもビジネスシーンで重要なプレゼンで利用できる機能「プレゼンテーションモード」が便利だ。この機能は、プレゼン中に届いたメールやメッセージなどの通知やPCのスリープモードを無効にし、モニターの解像度調整や、デスクトップ上のファイルやフォルダーなどのアイコンを非表示にする設定が行えるものだ。

 検証にあたって、デスクトップ上のファイルやフォルダーアイコンを画面全体に無作為に配置し、メールやメッセージの通知をオンにし、1分でスリープモードが起動するよう設定した。プレゼンテーションモードをオンにすると、デスクトップ上のアイコンが消え、メールなどの通知が表示されたりスリープモードに入ったりすることもなかった。ワンクリックですぐにプレゼンが行える環境を整えられた。プレゼン前の手間の掛かる設定や作業を、ワンクリックで行える点は利便性が高く、プレゼン時にぜひ活用したい。

Parallels Toolbox

メモリーの最適化でディスク容量を節約

 業務効率化機能だけでなく、メモリーの最適化も可能だ。Mac版のみの機能だが、「ディスククリーン機能(メモリ解放)」を搭載している。

 通常ユーザーが自分で確認して削除するようなファイルやフォルダー内の不要なファイルを自動的に検出して1クリックで削除する機能だ。蓄積されたデータなどによって圧迫されるディスク容量の節約ができ、PCの安定的な動作にも役立つ。

(安藤耕作)

Parallels Toolbox
Parallels Toolbox

▲左がプレゼンテーションモードを起動させる前のデスクトップ画面。ファイルやフォルダーを整理する必要がある。右がToolboxでアイコンなどを非表示にさせた画面だ。ワンクリックですっきりとしたデスクトップへ早変わりする。

(PC-Webzine2018年11月号掲載記事)

製品リサーチ&レビューの記事