製品情報

vSphere

vSphereとは

vSphereとはサーバーの仮想化の中心的な製品です。
ハイパーバイザーであるVMware ESXiをホスト(物理サーバー)にインストールすることで仮想化基盤を構築できます。

vSphere6.5 (2017年11月時点)

vSphere
Essentials

vSphere
Essentials Plus

vSphere
Standard

vSphere
Enterprise Plus

vSphere with Operations
Management
Enterprise Plus

製品概要 物理サーバー3台までの最小構成エディション。ESXiとVADP機能のみ EssentialsにHAやvMotion等の機能を付与 基本的なアプリケーションの統合を行うためのエントリ向け製品 フル機能エディション。Standardエディションに加え中-大規模環境向けの機能を付加 vSphere Enterprise plusに仮想化環境用運用監視ツールvRealize Operations Standardをセットにした製品
ホストの台数 物理サーバー3台以内で構成 物理サーバー4台以上で構成
または将来的に4台を超える可能性がある
ホスト間での仮想マシンの移行 仮想マシンを止めて手動で移行する 仮想マシンを無停止で移行できるようにしたい(vMotion)
仮想マシンの冗長化 手動で復旧作業を実施 複数ホスト間で自動的に冗長化(HA)
仮想マシンの再配置機能 - 仮想マシンを自動的にvMotionし最適化

サーバー仮想化の中核を担うコンポーネントと機能(一部)

ESXi -仮想化の基盤となるソフトウェア-

ESXi は、vSphere の中核となるハイパーバイザー型仮想化ソフトウェアです。
物理サーバーに ESXi をインストールする事で、複数の仮想マシンを実行することができます。

vCenter Server -統合管理ソフトウェア-

vCenter Serverは仮想化基盤全体を統合管理できるシステムで、仮想アプライアンスまたはWindowsインストールパッケージとして提供されます。1台の物理サーバーに vCenter ServerをインストールしてvCenter Serverとして利用、もしくは仮想マシンにインストールして利用することが可能です。
vSphere HAやvMotionなど仮想化の特徴的な機能を使用するにはvCenter Serverが必要です。

vSphere Web Client -仮想化環境を管理するためのWebアプリケーション-

vSphere Web Clientは仮想化環境を管理するためにvCenter Serverが提供するWebアプリケーションです。
GUIで直感的にオペレーションを行う事ができます。

各物理ホストの上にハイパーバイザーであるESXi が動作しており、その上で仮想マシンが動作します。仮想マシンの中でそれぞれのOSとアプリケーションが動作しています。ESXi を一元管理するのがvCenter Serverです。
vSphere 環境の管理者はvSphere Web Clientを用いて仮想化環境の管理を行うことができます。

vSphere6.5 (2017年12月時点)

  • KitとEditionが複数あり、Kitはライセンスのセット・Editionはライセンス単体

機能

詳細

vSphere
Essentials

vSphere
Essentials Plus

vSphere
Standard

vSphere
Enterprise Plus

vSphere with Operations
Management
Enterprise Plus

物理ホストの最大数 物理サーバー3台まで 無制限
ESXi 仮想化基盤ソフトウェア
vStorage APIs for Data Protection(VADP) バックアップソフトウェア連携APIの提供
vMotion 仮想マシンの無停止移行
High Availability(HA) ホスト障害時における仮想マシンの自動再起動
vSphere Data Protection(VDP) VMware純正バックアップソフトウェアの付属
vSphere Replication 仮想マシンのレプリケーション
NSX for vShield Endpoint セキュリティ製品との連携基盤
Fault Tolerance(FT) ホスト障害時における仮想マシンの無停止切替
(2vCPU)

(4vCPU)

(4vCPU)
Storage vMotion ストレージ領域の無停止移行
Hot Add 仮想マシンに対して無停止でのリソース追加
Virtual Volumes SAN環境における仮想マシンの管理性向上と効率化
vStorage APIs for Storage Awareness(VASA) vSphereに対してアレイ装置の情報を提供させるAPI
vStorage APIs for Array Integration(VAAI) クローンなどの処理をアレイ装置にオフロードするAPI
vStorage APIs for Multipathing サードパーティー製マルチパスソフトウェアとの連携API
コンテンツライブラリー vCenter Server間で共有可能なライブラリー
ストレージポリシーベースの管理 データ保護レベルをポリシーベースで管理
Reliable Memory メモリー信頼性の向上
Big Data Extensions vSphere上でHadoopの仮想化をサポート
Distributed Resource Scheduler(DRS) 自動的に仮想マシンを分散配置し、最適化
Distributed Power Management(DPM) DRSと連携したホストの消費電力削減
仮想シリアルポートコンセントレーター サーバーのシリアルポートコンソールにネットワーク経由で接続
Distributed Switch 分散仮想スイッチ
Storage DRS 自動的にデータストアを分散・最適化
Network I/O Control(NIOC) ネットワークI/Oの優先順位設定
Storage I/O Control(SIOC) ストレージI/Oの優先順位設定
SR-IOV PCIデバイスにおけるI/O処理のオフロード
ホストプロファイル及びAuto Deploy vSphereホストの構成管理及び自動展開
Flash Read Cache SSDをリードキャッシュとして活用
vSwitchまたぎのvMotion 異なる仮想スイッチ間でvMotionを実現
vCenterまたぎのvMotion 2つ以上のvCenter Server間でvMotionを実現
Long Distance vMotion 物理的に離れた場所へのvMotionを実現
NVIDIA GRID vGPU GPU仮想化のサポート
vSphere Proactive HA 一部の障害を検知したホストからのvMotionを実施
vSphere VM Encryption 仮想マシンのデータとディスクを暗号化
vSphere Encrypted vMotion vMotion利用時の暗号化
Cross-Cloud vMotion オンプレミス・クラウド間のvMotion
vSphere Integrated Containers コンテナ環境を統合したvSphere
vRealize Operations Standard 仮想環境の様々な要素を可視化し運用管理を支援

iDATEN(韋駄天) IDをお持ちの方はiDATEN(韋駄天)にログインいただくと製品に関する資料をご確認いただけます。