製品情報

Workstation for Windows/Linux

Workstationとは

複数のオペレーティング システムを 1 台の PC 上で仮想マシンとして実行するためのソフトウェアです。

PCでの仮想マシン実行

Workstation 製品では、Linux や Windows などの複数のオペレーティング システムを仮想マシンとして 1 台の PC 上で実行できます。ユーザーは、サーバー、デスクトップ、タブレットの環境を仮想マシンに複製して、複数のオペレーティング システムのアプリケーションを再起動せずに同時に実行できます。また、分離された安全な環境が提供されるため、Windows 10 などの新しいオペレーティング システム、ソフトウェア アプリケーション、パッチ、リファレンス アーキテクチャーの評価を実行できます。

詳細はVMwareの製品ページでご確認ください。

PlayerとProの違い

Playerは仮想マシンの作成・実行のみに機能を絞った製品です。
非商用および個人利用においては、無償で製品提供されておりますが、法人利用の場合はライセンス購入が必須となりますのでご注意ください。

Workstation 14 (2017年12月時点)

機能

Workstation Player

Workstation Pro

全般
新しい仮想マシンの作成
大規模な仮想マシンの作成 (16 個の仮想 CPU、64 GB の RAM)
200 のゲスト OS のサポート
大規模展開
ホストとゲストの統合
ホストとゲスト間でのファイル共有
さまざまな表示モードでの仮想マシンの実行
DirectX 10 と OpenGL 3.3 による 3D グラフィック
デバイスのサポート
4K ディスプレイのサポート
さまざまな表示モードでの仮想マシンの実行
USB スマートカードリーダーのサポート
USB 3.0 デバイスのサポート
高度な機能
暗号化された仮想マシンの実行
ドラッグ可能なタブ型インターフェイス
複数の仮想マシンの同時実行
暗号化された仮想マシンの作成と管理
スナップショット
高度なネットワーク
リンク クローン
仮想マシンの (サーバーとしての) 共有
vSphere/ESXi サーバーへの接続
vCloud Air への接続
コマンド ライン操作: vmrun と VIX