2020年2月号

特集1

DIGITAL TRUST
デジタルトラストから始めよう
データもテクノロジーも企業も……信頼が成長を担う

特集2

政府が目指すSociety 5.0時代の学び

Monthly News

NECの最新法人ノートから見るモバイル端末最前線

IT Market Watch

2019年度の店舗向け画像解析ソリューション市場は、16億2,000万円に達する見込み

戸田覚のLifehack

iPadOSでiPadをPC代わりに

冊子が必要な方はDIS支店営業担当までお問い合わせください。
(当社とお取引がある方に限らせていただきます)

バックナンバー一覧

2018年4月から2020年1月

2020年1月号

2019年12月号

2019年11月号

2019年10月号

2019年9月号

2019年8月号

2019年7月号

2019年6月号

2019年5月号

2019年4月号

2019年3月号

2019年2月号

2019年1月号

2018年12月号

2018年11月号

2018年10月号

2018年9月号

2018年8月号

2018年7月号

2018年6月号

2018年5月号

2018年4月号

旬の情報をナナメ読み

2020年2月

DIGITAL TRUST
デジタルトラストから始めよう
データもテクノロジーも企業も……信頼が成長を担う

重要なのは、透明性が価値すなわち信頼を生み出している点です。ブロックチェーンは全ての情報をさらすことで信頼性を担保するテクノロジ?の代表です。これまでのセキュリティのテクノロジーは守ることが役割でしたが、これからは、新しいビジネスを生むエンジンにもなるのです。
こうした中で発足させたのが、Microsoft Digital Trust Security Allianceです。これは、デジタルトラストを確保するためのクラウドネイティブなIT環境の提案と支援のためのアライアンスになります。
デジタルトラストを確立するためのセキュリティのポイントは三つあります。PCを中心としたエンドポイント、アクセス先であるクラウドサービスのセキュリティ、そしてそれらをつなぐ認証基盤です。

政府が目指すSociety 5.0時代の学び

もはやICTをなぜ整備するのか、と言っている場合ではなく、なぜICT整備をしていないのか、自治体の首長や教育長は説明責任が問われる状態になってきています。
今回、民間企業にも導入を徹底的にサポートしてもらうようお願いをしています。現場ではPDCAを回し、使えていなければフォローアップをしていくなど“令和のスタンダード”の教育環境を整えていきたい。まずは授業で文具としてICTが活用できるよう、ハード・ソフトの両側面から教育改革を進めていきます。
始めは教材の拡大提示から始まったICTの利活用は、いまでは児童の思考共有や思考整理、協働制作は発表・プレゼンテーションなどのツールへと変化しており、教具から文房具のような存在に移ってきています。学習履歴評価や遠隔授業システムの活用も進んでおり、今後は反転授業の導入など、文房具からさらに可能性が広がっていくでしょう。

NECの最新法人ノートから見るモバイル端末最前線

A4サイズ相当とコンパクトながら、14インチのモニターを搭載したことも利便性に直結している。13.3インチや12.5インチのモバイルノートPCと比較して視認性が高く、デスクで行う手元の細かい作業も快適に行える。

2019年度の店舗向け画像解析ソリューション市場は、16億2,000万円に達する見込み

iPadOSでiPadをPC代わりに

iPadのアプリのファイルは、それぞれで管理するのが一般的だった。しかし、「ファイル」アプリが登場してPCのように管理できるようになり、さらにiPadOSで外付けストレージに対応したことで、いっそうPC風に使えるように進化している。

15.6 インチのWindows 10 搭載タブレット
「Wacom MobileStudio Pro 16」

オフィスやスタジオのデスクでの制作環境と変わらない性能を持ち出せる液晶ペンタブレットが欲しい、というグラフィックデザイナーやイラストレーターなどからの声を受け、プロ向け液晶ペンタブレットにOSを搭載したモバイルソリューションが誕生したのだ。

各専門分野に特化した翻訳のノウハウと独自に蓄積した辞書を活かし、ニューラルネットワーク技術を組み合わせて翻訳エンジンを開発した。

Azure上でバス予報を開発していることで、バス運行会社が初期費用や運用コストを抑えられるメリットは大きいですね。

文部科学省による推奨スペックでは本体重量が1.5kg未満、モニターサイズが9?14インチ程度と学習に求められる水準が指定されており、dynabook K50はそれらに準拠した端末です。

防災訓練に関心の薄い若年層に向け、VR技術を活用することで参加者を増やす。