重要データが格納されているサーバーからログを取得して「いつ」「誰が」「どこで」「何をした」を可視化

企業や組織が保管する重要な情報をビジネスに有効に活用して利益につなげるには、情報が外部に漏えいしない仕組みや、不正に利用できない仕組みが整備されている必要があります。その対策としてPC操作ログ管理が挙げられますが、運用しているすべての端末の操作ログを記録、管理するのは手間とコストがかかり負担が大きいのが実情です。そこで重要データへのアクセス監視に注力することで、効率よく操作ログを監視して重要データを守るという操作ログ管理製品「ALog ConVerter」をお勧めします。ALog ConVerterはファイルサーバーやアプリケーションサーバー、ストレージなどに保管されているファイルへのアクセスの際に記録される監査ログを取得して、翻訳変換する製品です。サーバーの監査ログは複雑なため、そのままではファイルに対するユーザーの操作内容を把握するのは困難ですが、ALog ConVerterを利用することで「誰が」「いつ」「どの」ファイルに対して「何をした」のかというようにユーザーが実際に行った操作を可視化でき、ファイルの不正利用や情報漏えいを把握することができます。大事なフォルダーを集中的に監視することで、効率的かつ効果的なログ管理を実現できます。

  • 貸出機・トライアル あり
  • サーバー環境 必要
  • クラウドサービス契約単位 -

このような方にオススメ

業種

全業種

目的・課題

情報セキュリティ強化|業務効率化

カテゴリ

IT資産/ログ管理

このソリューションで解決できる問題

課題

解決策

情報の不正利用を防止したいが監視する端末の数が多すぎる・・・

重要データへのアクセス監視に注力することで、効率的にログ管理ができます。

ファイルサーバー1台でもすべての操作ログを収集して確認するのはたいへん・・・

大事なフォルダーを集中的に監視することで、効率的なログ管理が実現できます。

サーバーやPCにエージェントを設置しないで生ログを活用できれば効率的だけど、そのままでは使えない・・・

ファイルアクセスの翻訳変換に特化していますので、サーバーの生ログからファイルの操作が把握できます。

特長

特長1

大事な情報だけを集中的に監視できる

「ALog ConVerter」なら大事なフォルダーを集中的に監視することで、効率よくログ管理が行えます。

特長2

エージェント不要で運用中のサーバーでも安心

「ALog ConVerter」はログ収集のためのエージェントは不要です。サーバーの監査ログ(生ログ)を取得して翻訳変換し、解析するため、運用中のサーバーにも安心して導入できます。

特長3

直感的な操作で検索やレポート作成ができる

標準搭載の検索システムは直感的な操作で簡単に使えます。また週ごと月ごとのレポート作成や異常時のアラート通知も自動化できて便利です。

貸出機・トライアル

無償の評価版をご用意しています。
網屋Webサイトのお問い合わせフォームよりご依頼ください。

システム要件

マネージャーサーバ対応OS:Windows Server 2008 (x64) / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 / 2016
CPU:Dual Core以上(Quad Core以上を推奨)
メモリ:8GB以上(16GB以上を推奨)
HDD:500GB以上の空き容量を推奨
ソフトウェア:
.NET Framework 4.5以上 *1
 以下のいずれかのWebブラウザ
 ・Internet Explorer 10以降
 ・Firefox バージョン 40以降
 ・Google Chrome バージョン 44以降

*1 ALog EVAをご利用になる場合は4.6以上が必要です。

ご購入方法

・本体のご購入と同時に保守の加入が必須となります
・ご購入の際は別途申請書が必要になります

構成製品

網屋

ALog ConVerter for Windows Standard Editionライセンス 10 Server

メーカー型番: ALog-WIN-S10-N

標準価格: 1620000

関連資料ダウンロード

メーカー担当者からのPR・コメント

社員のインターネット閲覧監視やUSBのデバイス制御など、PC管理ももちろん重要です。
しかしながら長期的に発生する運用の煩雑さと多大なコストインパクトも検討すべき。
ALogなら大事なデータが保管されているサーバ側を重点的に監視するので、圧倒的に効率的です。

このソリューションを見た人は、こちらも見ています

あなたにオススメ