日頃の業務では、帳票や社内文書などが紙でやり取りされるケースが少なくありません。しかし、紙は燃えて消失したり、水に濡れて印刷された文字が読めなくなってしまったりするリスクも抱えています。自然災害を原因とした火災や洪水などの発生が想定される国内においては、事業継続の面から、そうしたリスクを軽減できる対策を行っておきたいところです。そこで有効なのが紙文書の電子化です。紙でやり取りされる帳票や社内文書も、電子化しておけば簡単にバックアップを取ることが可能で、被災したとしても文書の内容が失われることがないからです。また、電子化に加え、社外からのアクセスを可能にしておけば、業務の利便性向上にもつながります。

該当するソリューション

他のソリューションカテゴリ一覧

ITインフラ

情報セキュリティ

業務ツール