災害時の通信手段の確保は、企業のBCPにおいて大きな要件となります。災害の状況把握から従業員の安否確認、そして業務継続の判断まで、さまざまな連絡を速やかにとらなければならないからです。そのため、非常時でも確実な情報共有を実現する環境の整備が求められています。例えば、大規模な災害の発生時には、携帯電話網にアクセスが集中してLTEなどのモバイル通信の利用が一時的に困難になる場合があります。そうした中では、有線ネットワークをベースとする無線LANの活用が効果的です。各自治体でも災害時に学校や避難所で無線LANを開放する取り組みが進められているのです。

該当するソリューション

他のソリューションカテゴリ一覧

ITインフラ

情報セキュリティ

業務ツール