ハードウェアのリソースを抽象化して複数のOSやアプリケーションを稼働させることで効率的なシステム運用を実現する仮想化は、OSやアプリケーション、データなどを物理的な環境から切り分けて柔軟に運用できる点も魅力です。企業の情報システムが仮想化基盤で構築できていれば、その仮想化基盤で稼働するシステムは、容易に別の場所で立ち上げることが可能になるのです。例えば、本社環境が災害の被害に遭った場合でも、遠隔地の支社環境で同じシステムを迅速に復旧させられるようになります。BCPの観点からも、企業システム基盤の仮想化は、これからますます必須となります。

該当するソリューション

他のソリューションカテゴリ一覧

ITインフラ

情報セキュリティ

業務ツール