日本は少子高齢化・生産年齢人口の減少に起因する深刻な課題を抱えています。その課題を働き方の側面から解決するために、2018年6月29日に「働き方改革関連法」が国会で可決・成立しました。国を挙げた働き方改革の道筋ができあがったのです。

国の潮流ともなる働き方改革には、より効率的でだれもが働きやすい環境の構築に寄与するICTの活用が不可欠になります。各調査会社も関連ICT市場の拡大を予測しています。そこで本特設ページでは、働き方改革を実現するおすすめソリューションを、経営層、情報システム部門、実務担当者層の三つの視点から紹介します。

これから確実に予期される人手不足を、従来以上の生産性の実現で補おうとするのが働き方改革です。これは、日本経済を支えるすべての企業に対して、社会全体が要請する取り組みと言えるでしょう。働き方改革全体にわたる基本的なコンセプトは、長時間労働の是正や多様で柔軟な働き方の実現による生産性の向上です。経営層としては、従業員のワークライフバランスの確保やさまざまな人材にとって働きやすい仕事環境の整備が求められているのです。

長時間労働の是正やワークライフバランスの確保に必要なのは、労働状態の可視化と管理です。物事の改善には現状把握が必須だからです。そこで効果的なのが、従業員の勤務状況の一元的な管理を実現する「勤怠管理/在席管理」ソリューションです。また、働きやすさという側面では、いつでもどこでも業務が行える状態を作り出すことも重要です。例えば、財務/会計/販売などの基幹業務をICTでシステム化できれば、効率的で時間や場所の制約を取り払った業務環境が構築できるのです。

働き方改革において情報システム部門が考慮すべきは、安全で使いやすいICTの導入と運用です。自宅や社外など、いつでも仕事ができる環境構築こそが多様な人材の受け皿となりますが、いつでもどこでも仕事ができる状況は、情報漏えいなどセキュリティ面において大きなリスクが伴うからです。そのため、働き方改革においては、セキュリティを高められるソリューションの導入が必須です。また、導入・運用の手軽さは、ICTを管理する情報システム部門にとって重要な要件となります。

例えば、社外で仕事を行う場合は、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの活用が想定されますが、社外利用時は紛失や不正利用などのリスクが高まります。そうしたリスクを抑えるために有効なのが、デバイス自体と利用するデータやアプリケーションまでの管理を実現する「EMM(Enterprise Mobility Management)」ソリューションです。モバイルワークやテレワークを手軽に実現する有力な選択肢としては、社外から社内PCへのリモートアクセスを可能にする「リモートアクセス」ソリューションが提供されています。また、万一の事態を想定して、デバイスの操作記録などを収集できる「IT資産/ログ管理」ソリューションを導入しておくことも賢明でしょう。

実務担当者層では、残業が発生しない効率的な働き方の実現とともに、自宅やカフェなどさまざまな場所で仕事をする従業員とも、社内と同様にコミュニケーションがとれる環境構築が要求されます。それらが実現できなければ、働き方改革は改革ではなく改悪になってしまうでしょう。

まず、効率的な働き方の基盤となるのは情報共有体制です。どこにいても、社内と変わらない情報共有やデータ活用が可能であれば、オフィスにとらわれずに自由に仕事ができるようになるからです。それらを実現するのが「グループウェア」「ファイル共有」「文書電子化」ソリューションです。グループウェアは社内スケジュールやタスクなどの共有を可能にします。ファイル共有ソリューションを導入すれば、個人だけでなくチームや社外の人間ともデータを共有できる仕事環境が整います。また、文書の電子化ソリューションで業務書類を電子化しておけば、データ共有がしやすくなるでしょう。

社内と社外の円滑な意思疎通を行えるようにするのは「コミュニケーション/SNS」ソリューションです。ビジネスチャットツールなどを利用すれば、気軽な会話感覚で社内と社外を結んだコミュニケーション環境が構築できるのです。

関連コンテンツ

スマートワーク総研

ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。