「印鑑・書類を使う業務のデジタル化」が社会的な注目を集めています。
本サイトでは、DiSソリューションファインダーに掲載の「業務デジタル化に役立つソリューション」をカテゴリ別にまとめて紹介しています。

社内の様々な「申請・承認」がデジタル化すれば、場所や端末を問わずに手続き・稟議を進められます。
押印のために出社、上長が不在で手続きが進まない、申請後の状況が分からない等の問題を解決します。

会議や業務で使用する資料をデータ化する事で、スピーディな共有・配布が可能になります。
テレワーク時の情報共有、会議前準備の効率化、社内情報の散逸防止などの効果が期待できます。

日々発生する様々な経費精算をデジタル化する事で会計業務の効率化が図れます。
精算にかかる時間の短縮化に加え、領収書の保管・検索にかかるコストの削減が期待できます。

紙やOfficeソフトで作成した独自帳票をデジタル化すれば、入力や修正、帳票発行を効率化できます。
現場や窓口での入力・修正を効率化したり、入力データを活用した明細発行のスピードアップが図れます。

書類をスキャナー・OCRで正確に読み取る事で、書類のデータ化にかかる手間や時間が減らせます。
さらに、書類の保管コストの削減や、書類を探すのにかかる時間の短縮化が図れます。

手動で行ってきた業務や単純作業をRPAに実行させることで業務全般の効率化につながります。
業務プロセスの可視化・見直しや、ヒューマンエラーの防止といった副次的な効果も期待できます。

業務デジタル化の新着・更新ソリューション

PC-Webzine12月号特集
「今こそ、紙業務の仕分けを -デジタルと非デジタルの共存方法-」

テレワークを機に、紙を基軸としたワークフローやハンコ文化からの脱却機運が高まっています。デジタル化やデジタルトランスフォーメーションに必須の要素ですが、着手できていない企業も少なくありません。
そこで、PC-Webzine 12月号の特集では、デジタル化のスタートとなるペーパーレスへの取り組み方や、注目を集めつつある電子契約や電子署名の動向を解説しています。合わせて、これまで紙業務を支えてきたプリンターメーカーの今後の戦略や展望もリポートしています。

スマートワーク総研
特集:ペーパーレス最前線2020

古くて新しいオフィスの課題がペーパーレス化だ。いま、何度目かの注目を集めるペーパーレスを企業が実現するメリットは何か? ペーパーレス化実現に向けてどんな課題があるのか? 2020年の最新事情を探っていく。

DISがお届けする業務デジタル化情報

動画で学ぶ業務デジタル化

動画をご覧になる際は、iDATEN(韋駄天)へのログインが必要です。下記のボタンからiDATEN(韋駄天)にログインください。