昨年、訪日外国人旅行者数が初めて3,000万人※を超え、政府目標である2020年の4,000万人に向けて急成長しています。増大する訪日外国人旅行者関連によって消費されるマーケット(インバウンド市場)は、2018年に4兆5,000億円※を記録しており、付随する設備投資なども加味すると、さらに大きな市場規模が見込まれます。このような状況下において、インバウンド向けのITソリューションの需要もまた急激に高まっています。訪日外国人旅行者向けのコミュニケーション、案内、宿泊、決済、移動といったあらゆる側面でITを活用したサービスの強化・提案チャンスが創出されているのです。政府や自治体によるインバウンド向けの助成金や補助金制度も創設されており、中小事業者への提案もしやすくなっています。積極的な情報収集で商機を獲得していきましょう。
※出所:日本政府観光局 「訪日外客数」、観光庁「訪日外国人消費動向調査」

該当するソリューション

他のホットカテゴリー一覧