インターネットが使えなくても既存の環境を変更することなく導入・利用できる

工場のさまざまな設備などをネットワークに接続して生産性向上を図る企業が増えています。しかしいわゆるIoT化は業務効率化に貢献する反面、サイバー攻撃の標的になるリスクも伴います。インターネットにつながっていない工場でも保守用端末やUSBポート、いつのまにか設置されているWi-Fiアクセスポイントなどからマルウェアに感染するリスクがあります。とはいえ、セキュリティ対策を講じようとしても、工場ではインターネットに接続できないなどソリューションの導入が難しいのが実情です。そこで工場の環境やポリシーを変えることなく導入可能なセキュリティソリューション「MMsmartSecurity」をお勧めします。MMsmartSecurityはトレンドマイクロのネットワークセンシング技術を用いており、インターネットに接続していない工場に対して閉域SIMを用いてサイバーリスクデータを収集します。全国の工場から閉域網を用いて収集されたデータは、クラウドサービスで一元的に監視管理します。インシデントが発生するとサービスセンターから担当者にメールや電話にて事象を連絡します。MMsmartSecurityは早期に情報共有を行うことで「工場ラインを安全に停止」した上で対策が行えるメリットがあります。

  • 貸出機・トライアル なし
  • サーバー環境 不要
  • クラウドサービス契約単位 年額

このような方にオススメ

業種

製造業

目的・課題

情報セキュリティ強化|事業継続|働き方改革(テレワーク)

カテゴリ

ネットワーク|IoT ランサムウェア

このソリューションで解決できる問題

課題

解決策

工場ではインターネットに接続できないルールなのでクラウドサービスが使えない・・・

インターネットを使わず閉域網を使うため、安全にご利用できます。

生産に影響を及ぼすような環境変更はできない・・・

既存ネットワークに接続するだけでソフトなどのインストールは不要です。

各工場にIT機器を管理できる担当者を配置できない・・・

運用・管理はSOCで行うため工場側に負担をかけません。

特長

特長1

インターネットを使わず導入・利用できる

閉域網を利用するのでインターネットへの接続は不要です。

特長2

既存の環境を変更せずに導入・利用できる

既存のネットワークに接続するだけで利用できます。ソフトウェアのインストールも不要で既存の環境を変更することなく利用できます。

特長3

運用・管理の担当者がいなくても利用できる

運用・管理はSOCで行うため導入した現場に担当者を配置する必要はありません。
※SOC(Security Operation Center):企業などにおいて、情報システムへの脅威の監視や分析を行う情報システム部門などの専門組織

システム要件

・工場ネットワークの監視対象セグメントのネットワークスイッチよりポートミラーができること。
 ※監視セグメント単位でのご購入となります。
・ポートミラーで転送されるパケットは最大200Mbps以内であること。
 ※監視対象台数上限はございません。
・携帯電話網の電波が良好に受信できること。
・DC24V電源が必要です。

ご購入方法

・本体のご購入と同時にサービス/年の加入が必須となります
・ご購入の際は別途申請書が必要になります
・本製品は製造ライン向けの製品です。オフィス利用などの転用はできません

構成製品

YE DIGITAL

MMsmartSecurity FS-Eye 初期費用

メーカー型番:

標準価格: 0

YE DIGITAL

MMsmartSecurity FS-Eye 年間費用

メーカー型番:

標準価格: 0

関連資料ダウンロード

メーカー担当者からのPR・コメント

工場のIoT化を始めるなら、サイバーリスクの見える化は必須です。
環境影響の無く、導入できる新しい工場向けセキュリティです。

このソリューションを見た人は、こちらも見ています

あなたにオススメ