Security 第14回「スマートライセンスの構成 その3」

こんにちは。
セキュリティ担当の岡島です。

前回まで下記の2種類の構成についてご紹介してきました。

そもそもスマートライセンスは、クラウド上でライセンス管理を行うことで運用の負担を減らすことができます。ただその反面、機器とクラウド間で登録や同期などの通信が発生するため、オフライン環境ではサテライトサーバを使用することでサーバ/クライアント構成が維持できるようにしてきました。
ただオフライン環境でも社内の方針としてSSMサテライトサーバが使えなかったり、構築に必要な環境がなかったりと、上記の構成を使えない環境も多いと思います。

今回はそんな環境でも使える、SSMサテライトサーバを使わないオフライン構成についてご紹介したいと思います。


この記事はiDATEN(韋駄天)会員限定です。ログインしていただくと続きをお読みいただけます。

カタログDL等、iDATEN(韋駄天)ログインが必要なコンテンツがございます。
必要に応じて、ログインしてご利用ください。
iDATEN(韋駄天)のご利用に関してご不明点があるお客様は こちら をお読みください。

Ciscoの記事