Security

Security 第21回「Umbrellaの初期セットアップ」

こんにちは。
セキュリティ担当の岡島です。

ここまでUmbrellaについて、「どんなことができるのか」「どんな導入方法があるのか」を理解して頂くためにポリシーの項目や、導入方法などをご紹介してきました。

ここから本格的にUmbrellaに触れていくために、最初のログインから基本的な設定までの流れを紹介し、検証環境を作っていきたいと思います。

その前に今回作成する検証環境ですが、最近UmbrellaとMerakiシリーズの統合が進んできていますので、今回はMeraki MXを使ってインフラ展開のUmbrellaセキュリティ環境を作りたいと思います。


Umbrella初回ログイン
Umbrellaの購入後、CiscoからサブスクリプションIDの案内メールが届きます。その後、Umbrellaへのログイン準備が整うとCiscoから下記のような英語のWelcomeメールが送付されてきます。

上記のメールが届いたらUmbrellaにアクセスしてみます。

最初のページはこちらになります。ここにメールアドレスとパスワードを入力してログインすると、初回ログイン時のみセットアップウィザードが表示されるのでウィザードに沿って初期設定することが可能です。

初期セットアップウィザードが表示されました。まずはインフラ展開のためのネットワーク登録になります。今回はインフラ展開なので、こちらで登録するネットワーク名とMeraki MXのグローバルIPアドレスを入力して、次へ進みます。インフラ展開をしない場合は手順をスキップしてください。

この記事はiDATEN(韋駄天)会員限定です。ログインしていただくと続きをお読みいただけます。

カタログDL等、iDATEN(韋駄天)ログインが必要なコンテンツがございます。
必要に応じて、ログインしてご利用ください。
iDATEN(韋駄天)のご利用に関してご不明点があるお客様は こちら をお読みください。

Ciscoの記事