Startラボ

Startラボ 第22回 「Catalyst 9200Lのコストパフォーマンスについて」

こんにちは。社会人3年目の新米SEのTEと申します。

今回はCatalyst 9200Lシリーズのコストパフォーマンスについて、従来のCatalyst製品と比較したいと思います。

まずはじめに9200シリーズのライセンスについて簡単にご紹介させて頂きたいと思います。
9200シリーズには「Network Essentials」と「Network Advantage」という2種類のライセンスが存在します。
具体的にどのような機能がサポートされているかについてメーカー資料から抜粋致しました。

聞き慣れない機能もいくつか記載がございますが、これら2種類のライセンスの主な選定基準はなんなのかと言いますと、非常にざっくりですが、VLAN、STP、EtherChannelといった基本的なL2スイッチ機能とスタティックルーティングなどの簡易的なL3機能があれば十分というお客様には、Network Essentialsで問題ないかと思います。
それに加えて、ダイナミックルーティングなどのL3の機能も使いたいよ!というお客様の場合、Network Advantageがおすすめとなります。

では、本題のコストパフォーマンスについてですが、結論から申しますと9200Lは、非常にコストパフォーマンスに優れております。

この記事はiDATEN(韋駄天)会員限定です。ログインしていただくと続きをお読みいただけます。

カタログDL等、iDATEN(韋駄天)ログインが必要なコンテンツがございます。
必要に応じて、ログインしてご利用ください。
iDATEN(韋駄天)のご利用に関してご不明点があるお客様は こちら をお読みください。

Ciscoの記事