Startラボ

Startラボ 第28回 「Catalyst 9200Lの機能検証2 EtherChannel編 Part3」

こんにちは。社会人3年目の新米SEのTEと申します。

前回は、9200シリーズスイッチのEtherChannelは、デフォルトではsrc-mac というロードバランシングアルゴリズムが設定されているという事がわかりました。
また、メーカードキュメント上で、src-macは、ホストのMACアドレス毎に負荷分散を行うアルゴリズムであるという事も分かりましたので、今回は、実際に設定方法を確認していきたいと思います。

今回の検証環境は下図の通りです。
シンプルに2台のPCをレイヤ2のEtherChannnel有効化したC9200Lに接続しています。
(実際にはC9200の上位は社内の検証環境を抜けてインターネットに接続されております)
ご参考までに今回設定したEtherChannnel設定は以下の通りです。簡単ですね!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
interface GigabitEthernet1/0/1
 switchport mode trunk
 channel-group 1 mode on
!
interface GigabitEthernet1/0/2
 switchport mode trunk
 channel-group 1 mode on

interface Port-channel1
 switchport mode trunk
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この記事はiDATEN(韋駄天)会員限定です。ログインしていただくと続きをお読みいただけます。

カタログDL等、iDATEN(韋駄天)ログインが必要なコンテンツがございます。
必要に応じて、ログインしてご利用ください。
iDATEN(韋駄天)のご利用に関してご不明点があるお客様は こちら をお読みください。

Ciscoの記事