Startラボ

Startラボ 第34回 「Cisco L2スイッチの新製品 Catalyst 1000 シリーズのご紹介2~箱開けと初期ステータス~」

こんにちは。ディーアイエスサービス&サポート株式会社でシスコ製品担当エンジニアをしております斎藤です。

前回に引き続きCiscoから新しく登場したL2スイッチ「Catalyst 1000 シリーズ」についてご紹介させていただきます。今回は、箱開けと初期ステータスの確認をしてみます。またC1000が本当にスマートライセンスの製品ではないのか?も検証していますので、最後までぜひご覧ください。

Catalyst 1000 の箱開けと初期ステータス
今回実際に箱開けするのは、C1000シリーズ24ポートモデル(C1000-24P-4G-L)になります。本体がコンパクトなので、外箱もコンパクトですね。箱をあけますと、本体と電源ケーブルが入っています。見た目は白を基調とした非常にスタイリッシュなデザインになっていると思います。
それでは、電源を投入してみます。電源を投入しますと、コンソールポート左下のランプが点滅します。
電源が入ったところで、早速ステータスを確認したいと思います・・・が、ここでよく分からないエラーメッセージが表示されました。
--------------------------------------------------------------------
Switch>
%Error opening tftp://255.255.255.255/network-confg (Socket error)
%Error opening tftp://255.255.255.255/cisconet.cfg (Socket error)
%Error opening tftp://255.255.255.255/switch-confg (Socket error)
%Error opening tftp://255.255.255.255/ciscortr.cfg (Socket error)
*Nov  6 03:14:26.487: %SYS-4-CONFIG_RESOLVE_FAILURE: System config parse from (tftp://255.255.255.255/network-confg) failed
*Nov  6 03:14:26.488: %SYS-4-CONFIG_RESOLVE_FAILURE: System config parse from (tftp://255.255.255.255/cisconet.cfg) failed
*Nov  6 03:14:26.488: %SYS-4-CONFIG_RESOLVE_FAILURE: System config parse from (tftp://255.255.255.255/switch-confg) failed
*Nov  6 03:14:26.489: %SYS-4-CONFIG_RESOLVE_FAILURE: System config parse from (tftp://255.255.255.255/ciscortr.cfg) failed
--------------------------------------------------------------------

確認しましたところ、こちらのメッセージは、Cisco IOS ソフトウェアにデフォルトで組み込まれている設定で、ネットワークの Trivial File Transfer Protocol(TFTP)サーバから設定ファイルにアクセスしようとして、アクセスできない為にエラーメッセージが表示されるようです。コンフィグが見づらくなるので、特に要件がなければ表示されないように設定しましょう。
--------------------------------------------------------------------
Switch>
Switch> enable
Switch# configuration terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Switch(config)#
Switch(config)# no service configuration
Switch(config)# exit
Switch#
--------------------------------------------------------------------

はい、それではshow versionコマンドを使って、ステータスを確認して見ましょう。
--------------------------------------------------------------------
Switch# show version
Cisco IOS Software, C1000 Software (C1000-UNIVERSALK9-M), Version 15.2(7)E2, RELEASE SOFTWARE (fc3)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 1986-2020 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Sat 14-Mar-20 15:28 by prod_rel_team

ROM: Bootstrap program is c1000 boot loader
BOOTLDR: C1000 Boot Loader (C1000-HBOOT-M), Version 15.2(7r)E RELEASE SOFTWARE (fc1)

Switch uptime is 20 minutes
System returned to ROM by power-on
System image file is "flash:/c1000-universalk9-mz.152-7.E2/c1000-universalk9-mz.152-7.E2.bin"
Last reload reason: Unknown reason

~~~~~~~~~~~~~省略~~~~~~~~~~~~~

Switch Ports Model                     SW Version            SW Image           
------ ----- -----                     ----------            ----------         
*    1 28    C1000-24P-4G-L            15.2(7)E2             C1000-UNIVERSALK9-M


Configuration register is 0xF

--------------------------------------------------------------------

注目は、やはりソフトウェアではないでしょうか。サブスクリプションモデルの製品ではIOS XEになりますが、C1000は「Cisco IOS Software」になっています。

Catalyst 1000 は本当にスマートライセンス非対応なのか?
ここで、本当にC1000がフィーチャーライセンスモデルの製品なのかを確認してみたいと思います。サブスクリプションモデルの製品(C9200シリーズ等)の場合、スマートライセンスに関するコマンドを入れることができます。そのコマンドをC1000に入れてみたいと思います。

まずライセンスを確認するコマンドです。例えばC9200シリーズでは、Switch# show license allを入力することで下記のような表示がされます。
C9200の例
Switch# show license all
Smart Licensing Status
======================
Smart Licensing is ENABLED
----- 省略 -----
License Usage
==============
(C9200L-DNA-A-48):
 Description:
 Count: 1
 Version: 1.0
 Status: EVAL MODE
 Export status: NOT RESTRICTED
(C9200L-NW-A-48):
 Description:
 Count: 1
 Version: 1.0
 Status: EVAL MODE
 Export status: NOT RESTRICTED
----- 省略 ----- 

参考:Cisco Catalyst 9000 シリーズ スマートライセンス設定ガイド

こちらをC1000に入れてみます。
--------------------------------------------------------------------
Switch# show license all
                    ^
% Invalid input detected at '^' marker.
--------------------------------------------------------------------
この時点でダメですね。
ヘルプでコマンドを確認してみます。
--------------------------------------------------------------------
Switch# show license ?
  right-to-use  Displays all the RTU licenses.

Switch#show license right-to-use
slot              License Name                  Type          Period left
--------------------------------------------------------------------
C1000-24P-4G-L

--------------------------------------------------------------------
はい、DNAライセンスが表示されません。これでまず間違いなくサブスクリプションモデルではないことが分かります。
念のため、従来ライセンスからスマートライセンスへコンバージョンする際にスマートライセンス有効化するコマンドRouter(config)# license smart enableも入れてみます。
--------------------------------------------------------------------
Switch(config)#license smart enable
                       ^
% Invalid input detected at '^' marker.
--------------------------------------------------------------------

参考:Cisco スマートライセンス 従来ライセンスからスマートライセンスへのコンバージョン方法(ISR 1100 シリーズ)

はい、入りませんでした。C1000は間違いなくフィーチャーライセンスモデルの製品なようです!これで余計なことは考えず、“挿せば使えるスイッチ”であることが確認できました。提案におかれましては、これまで通りのL2スイッチとして安心してご提案していただけると思います。 

今回はここまでとさせていただきます。次回は、VLANやポートファスト等、もう少しL2スイッチの基本的なコンフィグが入るのかを確認してみたいと思います。

以上です。最後までご覧いただきありがとうございました!
引き続きよろしくお願い致します。

カタログDL等、iDATEN(韋駄天)ログインが必要なコンテンツがございます。
必要に応じて、ログインしてご利用ください。
iDATEN(韋駄天)のご利用に関してご不明点があるお客様は こちら をお読みください。

Ciscoの記事