Windows Server 2012は2023年10月10日にサポートが終了します。
サポート終了の影響は

サーバーがきっかけに企業にこのような
打撃を与える可能性があります。

セキュリティリスクの増大
パフォーマンス低下…
DXの遅延…

まずはOSのバージョンとサーバーの使用期間を確認し、
最新環境へのリプレースの検討を!

サポート終了後に使い続けるリスク
 
サポート終了後の市場のニーズはこんなにも!!
市場規模 Windows Server 2012からWindows Server 2022へ 2023年3月末までに日本全国で約10万台入れ替え予定

Windows Server 2012は2021年6月時点で、約45万台の物理サーバでWindows Server 2012/Windows Server 2012 R2が稼動しており、2023年10月のサポート終了時には、約20万台になると予測しています。
また利用用途は、ファイルサーバ、データベースサーバ、アプリケーションサーバ、Webサーバの用途で約70%を占めています。
Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2の移行先については、移行を検討中または調査中の方の回答によるとオンプレミスの物理環境が11%、仮想化環境が59%と約70%がオンプレミス環境、クラウドが30%となっています。クラウドだけ、オンプレミスだけでなく、適材適所で移行先を選択されている企業が多く、その選択肢としてハイブリッドクラウドが注目されているという流れになっています。

 
入れ替えはWindows Server 2022へ
ハイブリッド クラウド志向の革新的サーバーWindows Server 2022

これまでの投資を最大限に活用しながら、ハイブリットワークあるいはゼロトラスト化を将来
進められるように、会社の成長の将来の足枷にならないように下準備を今から投資しませんか?

Windows Server 2022 のメリット

従業員がどこからでもサーバーにアクセスできるようになり、管理者も会社に来なくてもクラウド越しに管理できるようになります。つまり、会社に縛られてた従業員が Windows Server 2022 にすることで、管理する側も・使う側もハイブリット化に対応する下地ができるということになります。

Azure連携
多層防御機能
従業員の生産性向上
サーバー管理
サーバーの処理速度向上
コスト効率
 
提案のポイントと成功のカギをご紹介
対中小企業営業テクニック
こんな営業してませんか?
2023年10月Windows Server 2012 EOS 2025年10月Windows 10 EOS
成功のカギ

お客様の現在のハードウェア (サーバーやストレージなど) に関する目標や課題を理解し、旧バージョンの Windows Server を使用しているかどうかを確認します。

サポートが終了すると、新しいセキュリティ更新プログラムやセキュリティ以外の更新プログラム、無料や有料の支援サポート オプション、または新しいオンライン テクニカル コンテンツを受け取ることができなくなります。今日の世界においてこの状態は、サイバー犯罪に対して極めて脆弱であると言わざるを得ません。

Windows Server 2022 の機能やメリットを中心に会話を進め、お客様が示した問題点に最適な対応を行います。Windows Server 2012 を使用していることで問題があるという場合は、Windows Server 2022 の最新の機能とメリットをすべて説明します。

Windows Server 2022 がどのようにセキュリティの強化、高性能、クラウドへの拡張の柔軟性を実現するのか詳しく説明します。これには、ハードウェア内の最適化されたSecured-coreが含まれ、ソフトウェアとハードウェア間の信頼チェーンを形成することになります。

リモート ワークが一般的であるという点に留意し、Windows Server 2022 でシームレスなリモート ワーク エクスペリエンスを実現する方法に焦点を当てます。

 
製品情報