Meraki 第52回 「無線LAN管理の救世主!無線状況診断(Wireless Health)機能2」

こんにちはMeraki担当のDsasです。
前回に引き続き、無線状況診断についてご紹介していきます。
今回は、この機能について特に私が便利だと思った画面を挙げながら解説していきたいと思います。

1. APの健全性
一番最初に表示される画面ですが、自社の無線LANにトラブルが起きていないかをパっと見て把握できる画面です。アクセスポイント毎に接続が失敗した回数を確認して、失敗の割合によってAPアイコンの色を変えます。
・緑        → 接続失敗が総接続の50%未満
・黄色    → 接続失敗が総接続の50~75%
・赤        → 接続失敗が総接続の75%より多い。
※802.11フレームの遅延時間によってもアイコンの色が変わる可能性がありますが、
具体的な指標については、執筆時点でドキュメントを確認できていません。

ポイントは、AP本体のUP/DOWNだけでなく、APに接続する無線クライアントの状況を含めて表示してくれるという点です。例えば漠然と「無線LANが遅い」という連絡があった時にどこで問題がおきているのかを視覚的に把握し、切り分けができるので便利です。

この記事はiDATEN(韋駄天)会員限定です。ログインしていただくと続きをお読みいただけます。

全44回のMeraki過去記事を掲載中!

製品情報や導入事例を掲載中!

使いやすいと好評!選び方ガイド無料DL!

カタログDL等、iDATEN(韋駄天)ログインが必要なコンテンツがございます。
必要に応じて、ログインしてご利用ください。
iDATEN(韋駄天)のご利用に関してご不明点があるお客様は こちら をお読みください。

Ciscoの記事