Startラボ 第9回 「C2960LのCCPexpress for Catalyst 初期セットアップ編」

こんにちは。社会人2年目の新米SEのTEと申します。

前回の記事掲載から誠に勝手ながらかなり間が空いてしましました。大変申し訳ございません。

また、皆様にご報告がございます。
私、これまでC841MとC2960Lの実機での検証を続けてきた甲斐もあって、ついにネットワークエンジニアの登竜門とも呼ばれているCCNA Routing & Switchingという資格を入手致しました。次の目標であるCCNP SWITCHの資格を取得する為にも、これからもStartシリーズの実機をベースに様々な実験をしていきたいと思います。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

さて、これまでC841Mでは、GUIでの設定が可能となるCCP Expressを使用して検証して来ましたが、今回はそのCatalyst版である、Cisco Configuration Professional Express for Catalyst(CCP Express for Catalyst)を使用し、Catalyst 2960Lの初期セットアップについて検証を行いたいと思います。

今回、私が使用した2960Lは、WS-C2960L-16TS-LL version 15.2(6)E2です。
また、初期セットアップマニュアルは以下となります。
https://www.cisco.com/c/dam/m/ja_jp/solutions/cisco-start/pdf/cisco_catalyst_2960-l_series_esg.pdf
こちらのマニュアルを参考に行いましたが、実際に躓きやすいポイントについて補足説明させて頂きながら検証したいと思います。

では、早速ですがマニュアル内の必要な機器について見ていきます。

この記事はiDATEN(韋駄天)会員限定です。ログインしていただくと続きをお読みいただけます。

カタログDL等、iDATEN(韋駄天)ログインが必要なコンテンツがございます。
必要に応じて、ログインしてご利用ください。
iDATEN(韋駄天)のご利用に関してご不明点があるお客様は こちら をお読みください。

Ciscoの記事