Windows 10 デバイス & Microsoft 365 で実現するモダンワークプレース

Modern Workplace とは Microsoft 365 を基盤としたクラウドベースのICT環境です。既存のオンプレミス環境から脱却することにより、いつでもどこでも仕事ができ、場所や時間に縛られない働き方を選択できるようになります。
利便性とセキュリティを両立した仕事環境を実現します。
私たちは、Windows デバイスをお勧めします。

モダンワークプレイスへの移行

従来の環境は企業・学校内をファイアウォールで囲い、その中でセキュリティを担保してきました。
Microsoft Officeなどの利用ソフトもデバイスに紐付き、固定席&社内サーバーでシステムが組まれ、
ローカル環境でWindows PCを利用していました。

今までのクラシック環境からMicrosoft 365によって
モダンワークプレイスを実現する

現在は会社でも学校でも自宅でも外出先でも、いつでもどこでも仕事や教育を受けれる環境が必要です。デバイスではなく個人にライセンスを紐付け、Windows PCだけでなくスマホやタブレットでも利用、それらを統合的にクラウド経由運用・管理する必要があります。

Microsoft Endpoint Manager

従来のIT環境に加え、モダンIT環境にも対応した統合管理コンソール

エンドポイント マネージャーは、組織のクラウド移行の進捗にかかわらずご利用いただけます。既存のプロセスに影響を与えることなく、すべてのユーザー、アプリ、デバイスのセキュリティ保護、展開、管理が可能です。クラウド管理への行程を柔軟に選択出来、Windows、iOS / macOS、Android などゼロタッチプロビジョニングもサポートします。

オプション:ハイブリッドIT環境・マルチデバイス

Microsoft
エンドポイントマネージャー

詳細はこちら

Microsoft Defender
for Endpoint

詳細はこちら

Windows Autopilot

モダンIT環境を活用したゼロタッチデプロイメント

従来とは異なる新しいデバイス展開手法となり、Windows デバイスをクラウド経由でデバイスに触らずセットアップを行う手法です。設定は全てクラウドに実施しておき、利用者の手元にPCを送付してインターネットに接続するだけ。その場でクラウド経由で自動セットアップが実施されます。 利用者へ送付する前に、IT管理者が事前にパソコンの箱を開けてセットアッ プ・設定を行う必要はありません。

Windows Autopilot

詳細はこちら

クラウド構成

詳細はこちら

Contact
お問い合わせ

Windows Autopilot お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス利用に関するお問い合わせ

DIS Mobile Business Center 専用相談窓口