製品情報

製品ラインアップ

  • ストレージ専用OS「ONTAP」を採用。SnapshotをはじめとするONTAPが持つ様々な機能により、安全、効率的、快適な運用、管理を行うことができます。
  • フラッシュ/HDDを混在可能なハイブリッドストレージ
  • NASとしてもSANとしても利用可能。
  • ストレージ専用OS「ONTAP」を採用。ShapshotをはじめとするONTAPが持つ様々な機能により、安全、効率的、快適な運用、管理を行うことができます。
  • フラッシュに最適化。業界最高水準のパフォーマンスと密度を実現します。
  • NASとしてもSANとしても利用可能。
  • アプリケーションベースのデータ管理を行うSAN環境で卓越したコストパフォーマンスを実現。
  • EFシリーズはオールフラッシュ、Eシリーズはフラッシュ/HDDの混在環境で利用可能。
  • サービスプロバイダや自社利用のプライベートクラウドを構築しようとしている企業などに向けた次世代データセンター構築のためのSANストレージ。
  • 容量と関係なくストレージのパフォーマンスを増やすことが可能。
  • 細かなQoS設定によりすべてのボリュームのパフォーマンス保証が可能。
  • 必要なリソースを自由に拡張可能で、IOPSが保証できるハイパーコンバージドインフラ(HCI)ストラクチャ。
  • NetApp HCIはコンピューティングリソースとストレージリソースを別々に拡張可能です。従来のHCIでリソース拡張を行う際は、コンピューティングとストレージの両方が含まれた筐体を1台追加する必要がありましたが、NetApp HCIはコンピューティングとストレージが分離されており、それぞれ必要なリソースを拡張することが可能です。

ONTAP 9

  • FAS/AFF に搭載されているストレージ専用OS
  • ShapshotやRAID-TECをはじめとするONTAPが持つ様々な機能により、安全、効率的、快適な運用、管理を行うことができます。

ONTAP Select

  • IAサーバのHypervisor上でONTAPを動作させ、Software-Defined Storageを構築。
  • ONTAPの機能であるSnapMirrorやFlexCloneなどを利用でき、DASや外部ストレージ、VSAN上で、ONTAPのデータ管理を実現可能です。

Cloud Volumes ONTAP

  • Amazon Web ServiceやMicrosoft Azure上でONTAPを動作させることができます。
  • 柔軟な運用ができるクラウドの特性を活かし、SnapMirrorでデータのバックアップ先にしたり、使用頻度が少ないデータの保存先にしたり、テスト環境の構築をするなど様々な活用ができます。