ネットアップの活用シーン

ネットアップ製品を用いることで、データ保護やパフォーマンス確保、クラウドの有効活用など様々な課題を解決することができます。

ONTAPが持つSnapShotやSnapMirror、SnapRestore、SnapVaultなどの機能により、スピーディなバックアップや復元が可能。遠隔地へのバックアップによる災害対策(DR)も実現できます。

高負荷がかかるデスクトップ仮想化(VDI)もオールフラッシュストレージのAFFを用いることでパフォーマンスを保ち運用することができます。ONTAPにより、仮想化されたかたちでSnapShotをとることもでき、安全に運用できます。他にも柔軟なボリューム管理など、仮想化環境を運用するのに便利な機能が満載です。

オールフラッシュのAFFを用いることにより、細かな大量のトランザクションが発生するOLTPアプリケーションやブロックサイズの大きいI/Oを処理するDWH/BIアプリケーションなど、アプリケーションの種類を問わずパフォーマンスを一律に最適化します。優れたアーキテクチャにより長期間が経過してもパフォーマンスが衰えることはありません。

ネットアップのEシリーズはシンプルなDASとしても大規模なSANとしても利用可能。FASシリーズに比べ導入しやすい価格設定で、IAサーバーの配下で大量なデータを高速に処理するためのストレージに最適です。

SolidFireなら障害が起きた際も独自の自己修復機能SolidFire Helixにより、自動でデータの移動・リバランスを行ないます。また様々な自動処理機能によりパフォーマンスの調整や負荷分散などといった従来のストレージタスクを大幅に削減することができます。

SolidFireならきめ細かな(Quolity of Service)の設定により多種多様のワークロードが混在する環境でも一定のパフォーマンスを保証できます。またIOPSを上げる必要が発生した場合もノードを追加するだけで性能を拡張することができます。

動作要件を満たしたIAサーバーとvSphere、V-SANのライセンスがあれば、ONTAP Selectのライセンスを追加することでONTAP機能を持ったストレージを構成することができます。

ONTAP Cloudを用いて、AWSやAzure上にONTAP環境を構築できます。この環境をSnap Mirrorの保存先にすることで、災害対策に最適な容量を柔軟に設定できるクラウド上でのミラーリングを簡単に構築することができます。

これまでテスト・開発環境を自社内に構築する場合、テスト用の機器の手配から環境準備を行なうなど大きなコストと時間が必要でした。ONTAP Cloudでは元データからの差分レプリケーション機能や差分のみを管理する即時作成可能な仮想クローン機能により、短時間でテスト・開発環境を構築することができます。