製品情報/Meraki

Cisco Meraki クラウドライセンス

1年間ライセンス"おまけ"キャンペーン実施中!

Meraki機器とそのクラウドライセンス3年分以上を同時購入のお客様に、ライセンス1年分を無償でご提供します。

【対象製品】

すべてのMeraki機器

【対象のお客様】

すべてのお客様

【適用期間】

2020年7月23日(木)までのご注文かつ 2020年7月25日(土)メーカー出荷分まで

Meraki製品のご利用には、ご利用年数に応じたクラウドライセンスの購入が必要です。購入した製品は、Merakiクラウド上でアクティベート(利用可能な状態に有効化) し、設定情報はもちろんライセンスの管理やメーカーへの問い合わせまで、あらゆる操作をMerakiダッシュボード上で行います。(詳しくはライセンスの管理についてをご参照ください。)そのクラウドライセンス体系が2019年11月21日に改正され、より自由度の高いご契約方法を選択できるようになりました。

本ページでは、新旧ライセンス体系の違いを中心にご説明します。

【注意】
当面は、新旧ライセンス体系のいずれかを選択することができます。引き続き従来のライセンス体系をご利用いただくこともできますので、エンドユーザー様のご要望に沿ってお選びいただけます。ただし、一度新体系をお選びいただきますと、従来の体系に戻すことはできなくなりますのでご注意ください。

1.デバイスごとに選べるご利用期間

従来は、同一Organization(ご契約の単位)で複数デバイスを保有する場合はご利用期間を統一する必要がありましたが、新体系では、ご利用期間を自由に選択できます。お客様のご利用計画に合わせた柔軟なご契約ができるようになりました。さらに、1Dayライセンスを使うことで、分かりやすいライセンス満了日を設定できます。

2.90日以内で調整できるご利用開始日

ご利用を開始する日にアクティベーションを行い、その日から契約をスタートすることができます。実際の利用開始日がライセンス開始日となりますので、ライセンス期間にロスが生じることなく、全ライセンス日数を有効にお使いいただけます。
※90日を経過した場合、自動的に91日目がライセンス開始日となります。

3.30日間の更新猶予期間

更新猶予期間内に更新のお手続きが完了すれば、期限満了による機器が使えなくなるトラブルや、意図せず契約期間がズレてしまい契約管理が煩雑になる心配もありません。

新体系でご利用いただける1Dayライセンス登場!

1Dayライセンスを購入してライセンス満了日を月末に揃えるなど、更新期間の微調整をしていただくことでライセンス管理が煩雑にならず、製品ごとの利用期間を柔軟に設定することが可能になります。

  従来体系 新体系
契約満了日の統一 必要 不要
ライセンス開始日の調整 不可
(メーカーライセンス発行日)

(アクティベートした日)
更新猶予期間 30 日間 ※ 30 日間 ※
こんなお客様におすすめ ・機器追加の予定がない
・シンプルに契約管理したい
・柔軟に機器追加やリプレイスをしたい
・リースで導入したい

※ 更新猶予期間内に更新した場合、従来体系では「更新手続日」から次の契約が始まります。新体系では「現ライセンス終了日の翌日」に遡って契約が始まります。

新体系の登録には、従来の体系と同様、新規ライセンスを追加する「Add devices」※1 と、既存ライセンスを更新する「Renewal」※2 があります。

※1「Add devices」は、Merakiダッシュボードのプルダウンメニューでは「Licence more Devices」と表示されます。
※2「Renewal」は、Merakiダッシュボードのプルダウンメニューでは「Renew my Dashboard license」と表示されます。

A. 毎年1台ずつ機器を買い足した場合

機器と同時にクラウドライセンスを購入後、「Add devices」でライセンスを追加します。次年度以降は、それぞれのライセンス満了日のタイミングでそれぞれ「Renewal」で更新します。

B-1. ライセンスを更新する - ライセンス終了日前に更新する場合 -

「Renewal」で更新します。
ライセンス満了日以前に「Renewal」した場合でも、次年度の契約は既存機器のライセンス満了日の翌日から開始されます。

B-2. ライセンスを更新する - ライセンス更新猶予期間内に更新する場合 -

「Renewal」で更新します。
更新猶予期間内であれば、ライセンス満了日を過ぎて「Renewal」した場合でも、次年度の契約は既存機器のライセンス満了日の翌日に遡って開始されます。

B-3. ライセンスを更新する - ライセンス更新猶予期間が過ぎた場合 -

更新猶予期間30 日を経過した場合、機器の設定情報は破棄されてしまい、「Renewal」で更新はできません。
新たに「Add devices」でライセンス追加し、再度機器設定をすることで利用できます。

Merakiはライセンスの追加・更新もGUI のダッシュボードで管理できますので、専門的な知識やスキルを必要としません。さらにDIS では、Cisco 販売支援サイトの「DIS オリジナルコンフィグガイド」や「エンジニア情報局」でナレッジを公開しています。本ページと合わせて、ぜひご活用ください。

ライセンス管理に関するリンク集

  • Q

    新体系のメリットは何ですか?

  • Q

    従来の体系と新体系ではどちらがおすすめですか?

  • Q

    従来の体系はなくなりますか?なくなるとしたらいつ頃ですか?

  • Q

    新体系を利用するにはどうしたら良いですか?

  • Q

    引き続き従来の体系を利用していきたいです。

  • Q

    新体系を試してみて、旧体系に戻すこともできますか?

ご不明・ご不安な点は担当営業までお問い合わせください。
※iDATEN(韋駄天) へのログインが必要です。