製品情報

Storage

HPE Cloud Volumesサービスは、HPE独自のフラッシュストレージ技術を使用してホストおよび管理される、従量課金モデルのクラウドサービスです。エンタープライズハイブリッドクラウド向けに設計されており、データベースなど既存のエンタープライズアプリケーションから任意のワークロードを実行および移動して、オンプレミスとパブリッククラウドの間でデータを簡単にバックアップできるようになります。AWSまたはAzureのクラウドストレージと同様に簡単な操作で使用でき、ハードウェアやソフトウェアの所有および管理は不要です。

・Amazon Web Servicesサポート
・Microsoft® Azure サポート
・マルチクラウドサポート
・インスタントスナップショット
・インスタントクローン

・256ビット暗号化
・クラウドの可視化とレポート
・データセンターとクラウド間でのデータレプリケーション
・REST API
・コマンドラインインターフェース

今すぐ使えるマルチクラウドストレージ

簡単3ステップでエンタープライズ性能、機能を備えたマルチクラウドストレージが利用可能

主なユースケース

DR用途に

オンプレミスのデータをHPE Cloud Volumesへレプリケーションし、DR発動時にクラウドコンピュートノードを起動、HPE Cloud Volumesの性能を増加させることで、最小限のコストでDR環境を構築

クラウドエンジンの活用

オンプレミスのデータをHPE Cloud Volumesへレプリケーションし、クラウド上のさまざまなサービス、エンジンを使って分析などを実施。出力結果はHPE Cloud Volumesからオンプレミスへの複製も可能