製品情報

Server

非常にシンプルでスケーラブルな
HCIソリューション

高速、シンプル、かつ効率的なHCIプラットフォームを活用すれば、IT運用を簡素化できます。HPE SimpliVityは、既存のITインフラストラクチャと高度なデータサービスを組み合わせて、従来型のソリューションやパブリッククラウドソリューションの数分の1のコストで単一の統合オールフラッシュソリューションを実現します。

HPE SimpliVityの3つの特長

超高圧縮

1. 増設が簡単

リソースが不足した場合でも、増設(スケールアウト)は容易です。新しいHPE SimpliVityをネットワークに追加して、エンジニアが設定を行うだけでノード増設作業は完了します。

超高速

2. 運用・管理を効率化

パブリッククラウドサービスと同等のシンプルな扱いやすさを、自社のセキュリティポリシーに合致したオンプレミスシステムで実現します。

冗長化対応

3. 万が一のときでも安心

「RAID + RAIN」の二重保護(Dual Data Protection)で、万が一の時でもデータを守ります。高速バックアップ・リカバリでダウンタイムを最小限にします。

1. 増設が簡単

仮想化システムに必要なものをワンパッケージに
HPEのHCI、HPE SimpliVityは、仮想化システムに必要な機器とソフトウェアを1台に集約した機器です。サーバーやSANストレージ、スイッチ、バックアップシステムを1台に集約。従来の1/10のスペースで設置が可能となります。

2ノードからのスモールスタートも可能
一般的なHCIは最小構成でも3ノード必要となりますが、HPE SimpliVityは2ノード構成でスタート可能です。2ノード構成では、クロスケーブルでノード間を接続できるので、高価な10Gスイッチを導入する必要はありません。また、ハードウェアによる強力な重複排除とデータ圧縮により、平均60?70%のデータ削減効果を実現できるので、ストレージを節減できます。2ノードでもハードウェアとシステムの二段構えでデータを保護するDual Data Protectionにより、データをしっかり守ります。


汎用サーバーを「HCIコンピュートノード」として増設可能
もちろん、HCIの特徴である増設(スケールアウト)も容易です。新しいHPE SimpliVityをネットワークに追加して、エンジニア*が設定を行うだけでノード増設作業は完了。すぐに増設したノードが稼働を開始します。さらに、HPEならではの特徴として、汎用サーバーをノードとして増設することも可能です。VDIのようにストレージをあまり必要としない環境では、汎用サーバーを併用することで、安価なシステム構成が可能です。
※ノード増設作業はHPEエンジニアまたは認定パートナーエンジニアが行います。

2. 運用・管理を効率化

HCIになっても管理画面は今まで通りのVMware vCenterで一元管理
HCIでは、ベンダー独自の仮想環境管理システムが使われていることが一般的ですが、HPE SimpliVityではVMware vCenter用のUIプラグイン*を提供。使い慣れたvCenterのUIを使ってSimpliVityの運用管理が可能です。vCenterの使用経験があれば、学習コストをかけることなく、HPE SimpliVityの管理・運用が行えます。
(*HPE SimpliVity management plugin for VMware vCenterを標準で提供。Microsoft Hyper-Vをお使いの場合は、Microsoft System Center 2016 Virtual Machine Managerで管理を行います)

リアルタイムの「監視」や「通報」もvCenterでチェックできる
HPE SimpliVity management plugin for VMware vCenterでは、Software Defined Storage(SDS)、ストレージ管理、性能監視、バックアップ制御など、HPE SimpliVityをリアルタイムで監視でき、障害時などのアラートもすべてvCenter上に統合。運用管理における負担を大幅に軽減できます。

バックアップもvCenter画面で
HPE SimpliVityは本格的なバックアップソフトウェアを標準搭載。このバックアップの管理もvCenterに統合されています。すべての管理は「仮想マシン単位」で行われるので、管理画面上の仮想マシンを右クリックして操作を選ぶだけで、仮想マシンをまるごとバックアップできます。


市販ツールを凌ぐ本格的な機能

・重複排除、圧縮、ゼロ検出、暗号化、差分転送型フルバックアッ
 プなど
・10TBを60秒で保存
・性能劣化なし
・保存数25万個
・RPO: 10分(スケジューリング実行の場合)
・RTO:60秒/TB
・日時/週時等の本格的なスケジューリング
・アプリ静止点確保(VSS)、CLIスクリプティング

3. 万が一のときでも安心

「RAID+RAIN」の二重保護(Dual Data Protection)で、万が一の時でもデータを守る
一般的なHCIではRAINが標準で搭載されていますが、仮に複数のノードで同じデータを持つディスクに障害が発生した場合はデータが失われる可能性があります。また、ノード障害時のリビルド中に、別のノードでディスク障害が発生した場合には、RAINが消費されていることによって、仮想マシンが消失するおそれもあります。ノードの三重化によりこれらのリスクを低減することは可能になりますが、筐体の台数が増加し、オーバーヘッドの増加によるパフォーマンスの悪化が起こります。HPE SimpliVityはRAINに加えRAIDでローカルのディスクを保護しているため、最小2ノードの環境において、2本のディスクが同時に故障してもデータを失うことはありません。

ハードウェアRAIDによって保護されます。障害発生→ディスク交換→リビルド完了に至るまで、全てハードウェアRAIDコントローラーが対応、自己修復します。CPUやネットワーク、他ノードへ悪影響は一切及ぼしません。

すべてのデータは、分散ストレージ技術によって、別のサーバーにもレプリカがミラーリングされているため、データが消失したりI/O が停止することはありません。DRSに対応した「データローカリティー」機能も搭載しています。

動画でわかる秒速バックアップ

なんで秒速バックアップが可能なのか?

秒速バックアップデモ ローカルバックアップ編

秒速バックアップデモ リストア編

製品ラインアップ

HPE SimpliVity 380 Gen10は、妥協のないストレージ機能と究極のシンプル化を実現できる、次世代型ハイパーコンバージド製品です。ハードウェアは、定評あるHPE ProLiant DL380 Gen10サーバーをベースにしているため、iLO 5、HPE Active Health SystemやSilicon Root of Trustなどをサポートし、容易な管理を実現します。専用ハードウェアによるデータの圧縮/重複排除技術でストレージの高速化と高効率化を両立。また、“仮想マシン単位”でのバックアップやDR機能も標準で持っているため、従来のHCIと比べて大幅にノード数や周辺機器を減らすことができ、TCOの削減にも貢献します。


シリーズ
HPE SimpliVity 325 HPE SimpliVity 380 HPE Simplivity 380G

image

image

image
用途 コスパ重視のAMD 1CPUモデル あらゆる用途で使用可能な旧汎用モデル あらゆる用途で使用可能な新汎用モデル
CPU AMD EPYC x 1 インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー x 1または2 インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー x 1または2
メモリ 最大2TB 最大3TB 最大3TB
ストレージ オールフラッシュ1.92TB SSD ×n
(搭載本数は構成により変動します)
オールフラッシュ
3TB/6TB/12TB/20TB/40TB
オールフラッシュ1.92TB SSD ×n
(搭載本数はモデルにより異なる)
電源 構成により、500W/800W/1600Wを選択 構成により、800W/1600Wを選択
筐体 1U 2U
標準保証 サーバー保証には、3年間の部品交換保証、3年間の作業保証、翌営業日対応の3年間のオンサイトサポートが含まれます。
注記: SSDの保証には最大使用限度があります。最大使用限度とは、ドライブに書き込み可能な最大データ量です。この制限に達したドライブは交換対象外です。
シリーズ HPE SimpliVity 380 H SFF HPE SimpliVity 380 H LFF HPE SimpliVity 2600

image

image

image
用途 容量単価重視のSSD+10k SASのハイブリッドモデル バックアップ/DR専用のSSD+NLのハイブリッドモデル 2Uのシャーシに最大4ノードの搭載が可能、台数が多く必要となるVDI用途に最適
CPU インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー x 1または2 インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー x 1または2 インテル® Xeon® プロセッサー x 1または2
メモリ 最大3TB 最大3TB 128GB~1024GB
ストレージ SSD 1.92TBx4, HDD 1.2TBx20 SSD 1.92TB x4,HDD 4.0TBx8 1.92TB SSDキット x 6
(ノードごとに1キット)
電源 構成により、800W/1600Wを選択 HPE 1600W FlexSlot Platinumホットプラグ対応LH電源装置キット (標準)
HPE 1800~2200W FlexSlot Platinumホットプラグ対応LH電源装置キット (オプション)
HPE 800W FlexSlotホットプラグ対応LH電源装置キット (48VDC、110V、110V/220Vモデルのオプション)
筐体 2U

保証
サーバー保証には、3年間の部品交換保証、3年間の作業保証、翌営業日対応の3年間のオンサイトサポートが含まれます。
注記: SSDの保証には最大使用限度があります。最大使用限度とは、ドライブに書き込み可能な最大データ量です。この制限に達したドライブは交換対象外です。

Simplivity製品は様々なカスタマイズが可能です。詳細は担当営業までお問い合わせください。

HPE SimpliVity検討チャート

導入事例

株式会社アバント

株式会社アバント

グループ統合開発基盤にHPE SimpliVityを採用 サーバー集約率向上と環境のシンプル化に寄与

バックアップ業務の改善と旧環境からの安全な移行も実現

アルテリア・ネットワークス株式会社

アルテリア・ネットワークス株式会社

アクセス管理サーバーをわずか1週間で構築 スピード導入にHPE SimpliVityが貢献

わずか1週間という短期間でシステムを構築すると同時に、圧縮・重複排除やバックアップなどの機能も有効に活用

資料

HPE Simplivityの情報に関して、メーカーページでもご確認頂けます。

HPE SimpliVity以外のHPE製品の情報は、HPE販売支援サイトでご確認ください。

ハイパーコンバージドに関するお問い合わせは

ダイワボウ情報システム株式会社まで!

ダイワボウ情報システムとは

ダイワボウ情報システム(DIS)は、IT関連商品を取り扱う国内最大級のディストリビューターです。
国内外約1,200社に及ぶメーカー・サプライヤーから仕入れたIT関連商品を、国内約19,000社の販売パートナー様を通じて、全国各地のエンドユーザー様へお届けしております。

ハイパーコンバージドに関するご相談・ご要望につきましては、お客様のご要望を確認した上で、最適な販売パートナー様と一緒に対応致します。

お問い合わせはダイワボウ情報システムの各拠点まで!