製品情報

Data Protection

バックアップ、アーカイブ、災害対策を統合する保護ストレージ

高速なインライン重複排除機能を備えたDataDomain重複排除ストレージシステムは、ディスクのバックアップ、アーカイブ、災害対策を変革し続けています。Data Domainシステム上にデータのバックアップとアーカイブを統合することで、必要となるストレージを最大30分の1 に削減できます。これにより、オンサイトでのデータ保存にディスクを使用しても十分なコストパフォーマンスが得られ、災害対策サイトへのネットワークベースのレプリケーションも格段に効率化できます。

データをバックアップする際、既にバックアップされているデータと比較、重複しているデータを検出し、そのデータはバックアップしないようにします。データのダブりを排除することでストレージの容量を大幅に削減するテクノロジーです。

POINT1

バックアップに最適化されたストレージ

Data Domainはバックアップに特化したアプライアンス製品です。従来のテープバックアップでは必要だったメディアが不要となり、テープの交換作業および管理が一切不要となります。

POINT2

既存のバックアップ環境を一元化

Data Domainはマルチプロトコル対応なので、様々なバックアップ環境に対応しています。
複数のバックアップシステムを1台のDDに統合することによりバックアップ管理の一元化が可能です。

POINT3

多重バックアップやリストアを高速化 

並列処理が可能なので、複数のシステムやアプリケーションが同一サーバ上に統合され、それぞれのバックアップを行うことが必要な仮想環境ではディスクバックアップが最適です。リストアもHDD上にデータがあるので高速化が可能です。

POINT4

効率的な災害対策でコスト削減

転送するデータは重複排除済みのため、一般的なWAN回線を利用し、低コストでのレプリケーションが可能です。
各拠点からテープを輸送する必要もなくなるのでコストの削減にもつながります。

大きなスペースを必要とし、運用に手間がかかるテープライブラリからのリプレースにより、ハードウェア、ファシリティ、そして運用コストを大幅に削減できます。

様々なバックアップソフトをサポートしているData Domainであれば、複数のシステムのバックアップを統合できます。ハードウェア、ファシリティ、そして運用コストを大幅に削減できます。

Integrated Data Protection Appliance(IDPA) は、Data DomainとAvamarを組み合わせたアプライアンス製品です。IDPAを導入することで、お客様はバックアップ、リカバリーの導入と運用を簡単に、かつコストを最小化することが可能です。

提案の際にご活用いただけるDellEMCの製品資料なども掲載しております。
ぜひご活用ください。
※iDATEN(韋駄天)のログインにはログインIDが必要です。